湘南・鎌倉ぶらぶらネット > 江ノ島|イベント・散策 > 湘南江ノ島片瀬海岸で淡いピンクの宝石「さくら貝」拾い

湘南江ノ島片瀬海岸で淡いピンクの宝石「さくら貝」拾い

2014年07月07日


淡いピンクがかわいらしく、お守りやアクセサリーに加工されることも多い「桜貝(さくらがい)」。
江ノ島を眺める湘南片瀬海岸でも見つけることができます。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

穴場スポットは、鎌倉寄りの片瀬海岸東浜の真ん中あたり。腰越の小動岬(こゆるぎみさき)との中間。小さな貝殻が散らばっているあたりです。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

波打ち際に目を凝らすと、うっすらとしたピンク色の貝が目につきます。写真中央よりやや左下に3枚ほど置いてみました(笑)。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

大きさは0.5〜2センチほど。砂にまみれている場合が多いのでじっくり探しましょう。写真中央あたりに2枚あります(笑)。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

季節や潮の干満などタイミングもあると思いますが、2014年7月上旬現在、30分ほどでこんなにたくさん集めることができました。桜貝は薄くてもろいので、ビンなど入れ物の用意が必須。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

ザルに移して砂を落として乾かします。繰り返しますが、30分でこんなにたくさん!

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い 湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

2枚がつながったままの桜貝はチョウのようできれい。見つけたらラッキーです。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

ピーチのマーブル模様や濃いピンクなど、大きさも色も一つ一つ違います。写真は洗って乾燥させただけですが、ツヤを出すには透明のマニキュアを塗るという裏技も。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

ビンに入れると宝石のよう。お部屋に飾るにも最適です。

湘南江ノ島片瀬海岸西浜でさくら貝(桜貝)拾い

桜貝とは、ニッコウガイ科の仲間を中心とした桃色の貝の総称。日本各地に分布し、湘南・鎌倉でも波打ち際で一年を通して目にすることができます(特に春から夏にかけてがベスト)。
ただし、自然生物なので水質の悪化には敏感。これだけ桜貝が見つかるということは、片瀬西浜の海が健全な状態に戻りつつある証拠とも言えます。

ちなみに、桜貝といえば鎌倉の由比ガ浜海岸が有名。かつては、波打ち際がピンクに染まるほどだったといいます。
そんな風景を取り戻し、海の環境や安全問題への意識を高めようと、2012年12月に建設されたのが「『さくら貝の歌』の碑」。由比ガ浜の入口「滑川」交差点を渡ってすぐに建てられています。

鎌倉市由比ガ浜のさくら貝の歌の碑
posted by 三浦まこと at 17:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 江ノ島|イベント・散策
この記事へコメントする
過去の記事に失礼いたします。
「鎌倉 海 桜貝」で検索してこちらにたどり着きました。
こちらの場所は最寄りの駅で言うとどちらでしょうか…?片瀬江ノ島駅ですか?
Posted by 桜貝を探しています at 2015年06月03日 10:18
コメントありがとうございます。ここで紹介しているのは、片瀬東浜〜腰越海岸のあたりです。
駅でいうと、便利なのは、おっしゃるように小田急線の片瀬江ノ島駅。駅から江ノ島方面に歩いて、江ノ島に架かる橋を向いて左手側の海岸です。
Posted by 湘南・鎌倉ぶらぶらネット at 2015年06月04日 20:41
その辺りの地理に詳しくないもので、地図を見てもピンとこないので丁寧に説明してくださり助かりました。
ありがとうございました。
Posted by 桜貝を探しています at 2015年06月07日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Facebookアカウントでコメントする