湘南・鎌倉ぶらぶらネット > ラーメン|辻堂 > 壱角家@辻堂:今や藤沢で定番の家系ラーメン“壱系”クリーミー塩豚骨

壱角家@辻堂:今や藤沢で定番の家系ラーメン“壱系”クリーミー塩豚骨

2014年11月23日


辻堂駅南口に10月7日にオープンした「壱角家(いっかくや)」。
今や藤沢で定番の家系ラーメンとなりつつある“壱系”の家系ラーメンを味わえます。

藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の外観

辻堂駅南口から商店街に入ってすぐ。店内は奥に向かって縦長で、「三回食べたらやめられない」との看板が。「上座(かむくら)」の真似ですね。。。
経営母体は「東京チカラめし」。都内などに「壱角家」を50店鋪近く展開しているようです。

藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の店内 藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家のコンセプト

メニューはこちら。醤油と並んで“塩”があるところが“壱系”の特徴です。トッピングすると軽く一杯1000円近くしてしまう強気プライスも。。。

藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家のメニュー 藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の食券機

こちらが、全部乗せの「塩MAXラーメン(並930円)」。
甘味を感じる白濁豚骨スープは、壱系そのもの。「松壱家」よりは油が少なくすっきりライトなイメージです。噛み応えのある中太麺は、“固め”好きには嬉しいかも。

藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の塩MAXラーメン 藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の太ストレート麺

テーブルの薬味にタマネギがあるあたりは、同じく“壱系”の「町田商店」や「魂心家」の流れを感じます。スープに入れると少しさっぱりするので、九州豚骨ラーメンの紅ショウガのように、締めにさっと入れるといいかもです。

藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家の調味料 藤沢辻堂の家系ラーメン壱角家のタマネギ

松壱家」「魂心家」「西輝家」「ボンバ家」「松湘家」など、今や藤沢の定番になりつつある“壱系”の家系ラーメン。
個人的にはやっぱり「松壱家」がコクも麺のバランスもいちばんかなと。特に、セントラルキッチン制を取り入れる前の、本店でしっかりと豚骨を煮込んでいたあの頃が。。。(笑)。

壱角家辻堂店|食べログラーメン / 辻堂駅)]
■5つ星評価|3.0 ★★★☆☆
■スープ・麺|壱系の白濁クリーミー豚骨スープ・固めの太ちぢれ麺
■おすすめ点|塩豚骨にお替わり自由ライス50円
■アクセス等|辻堂駅南口から左手に商店街を入ってすぐ
■公式サイト|壱角家


posted by 三浦まこと at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン|辻堂
この記事へコメントする
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Facebookアカウントでコメントする