湘南・鎌倉ぶらぶらネット > 湘南・鎌倉|ニュース・なるほど情報 > 湘南・鎌倉エリアの地震&津波災害の知識と対応

湘南・鎌倉エリアの地震&津波災害の知識と対応

2013年03月11日


2011年3月11日の東日本大震災から2年。
東海地震や神奈川県西部地震の周期内にあり、近い将来の震災が確実視されている湘南・鎌倉エリア。
地震のしくみや過去の災害をはじめ、必要知識や有用サイトについてまとめました。

七里ガ浜から見た江ノ島と海

【4つのプレートが関東周辺で交差】

4つのプレートが重なる日本。陸側の「北米プレート」と「ユーラシアプレート」の下へ、海側の「太平洋プレート」が1年に8〜9センチ、「フィリピン海プレート」が4〜5センチの速度で沈みこんでいます。
この沈み込んだプレートが元に戻ろうと跳ね上がるときに生じる地震。特に関東周辺では4つのプレートが交差しており、(1)プレート境界、(2)沈み込むプレート内、(3)陸域の浅い場所(活断層)を震源とした大規模地震が定期的に発生しています。
■参考:[気象庁|地震発生のしくみ

日本周辺のプレートと地震 日本周辺のプレートと地震
左/日本周辺の4つのプレート、右/地震の発生箇所と発生年(気象庁ホームページより)

【11の活断層が走る神奈川県】

このプレートの歪みによって、地層に生じた“ズレ”が「断層」。中でも過去に繰り返し活動し、将来的にも活動する可能性があるものが「活断層」。
神奈川県には30本の活断層があり、1000年あたりに1〜10メートル変動する「A級断層」と、0.1〜1メートル変動する「B級活断層」だけでも、下に挙げた11本が走っています。未知なる活断層が潜在している可能もあり、大地震に備えた意識と対策が必要不可欠となります。
■参考:[県で想定されている地震とは|神奈川県防災・災害情報

・神奈川県に走るA〜B級断層
1.伊勢原断層(B級)2.秦野断層(A級)3.渋沢断層(A級)4.三浦半島北断層群衣笠断層(A級)5.三浦半島北断層群北武断層(A級)6.三浦半島北断層群武山断層(A級)7.三浦半島南断層群(南下浦断層)引橋断層(A級)8.神縄・国府津-松田断層帯(A級)9.平山断層(A級)10.小向断層(A級)11.生沢断層系(A級)

【過去の大地震】

たびたび神奈川県周辺を襲う「東海地震」と「神奈川県西部地震」。地震の周期についてはさまざまな見解がありますが、マグニチュード8クラスの地震がいつ起きても不思議ではないと指摘されています。

■東海地震
・南海トラフを震源域とするプレート境界型
・マグニチュード8クラス
・過去107〜147年内の周期(2013年は前回より159年目)
 明応地震(1948年)→慶長地震(1605年)→宝永地震(1707年)→安政東海地震(1854年)

■神奈川県西部地震
・相模トラフを震源域とする沈み込むプレート内型
・マグニチュード7.9クラス
・過去70〜79年周期(2013年は前回より90年目)
 寛永小田原地震(1633年)→元禄地震(1703年)→天明小田原地震(1782年)→寛永小田原地震(1853年)→関東大震災(1923年)

現在は、関東地方南部(神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県南部、茨城県南部)を震源域としたマグニチュード7クラスの大規模地震を「南関東直下地震」または「首都直下地震」と総称し、神奈川県全域で震度6強から7強の激しい揺れが想定されています。
液状化については、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市の海岸沿いが要注意とされています。
■参考:[被害が大きくなりそうな地域とは|神奈川県防災・災害情報

湘南・鎌倉の地震の震度 湘南・鎌倉の地震と液状化
左/南関東地震の震度分布図、右/南関東地震の液状化想定図(神奈川県ホームページより)

【津波の浸水範囲】

海に面する湘南・鎌倉エリア。津波による二次災害にも警戒を強めておく必要があります。
藤沢市では、境川沿いの片瀬や、引地川沿いの鵠沼海岸での被害。
鎌倉市では、2012年3月、従来は5〜7メートルとしていた高さを最大14.5メートルと修正し、新たな津波浸水予想図を暫定版として発表しました。同図によると、長谷駅から長谷寺や高徳院(鎌倉大仏)、鎌倉駅から鶴岡八幡宮まで達すると想定されています。
■参考:[藤沢市|津波避難情報マップ][鎌倉市|鎌倉市津波浸水予想図(暫定版)

湘南藤沢江ノ島の津波予想とハザードマップ 湘南鎌倉の津波予想とハザードマップ
左/鎌倉市の津波浸水予想図、右/藤沢市の津波浸水予想図

【平常時からハザードマップを確認】

地震が起きたら慌てずその場で安全を確保。津波は早い場所で5分程度で到着するので高台に避難。
さらに、普段から「ハザードマップ」で地域の危険箇所を知り、安全やライフラインを確保するための避難場所を確認しておくことが重要です。

■湘南・鎌倉エリアの公共施設によるハザードマップ紹介
藤沢市|洪水・津波ハザードマップ
鎌倉市|ハザードマップ・防災マップ・海抜マップ
茅ヶ崎市|津波・浸水対策
平塚市|ハザードマップ
逗子市|津波ハザードマップ
葉山町|防災関連マップ]

■参考サイト
気象庁|防災気象情報
神奈川県ホームページ|神奈川県防災・災害情報
e-かなマップ|津波浸水予想図マップ
藤沢市GIS津波避難情報マップ
この記事へコメントする
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Facebookアカウントでコメントする