湘南・鎌倉ぶらぶらネット > 湘南・鎌倉|ニュース・なるほど情報 > 2014年4月は大豊漁でゴールデンウイークも安心の湘南生しらす豆知識

2014年4月は大豊漁でゴールデンウイークも安心の湘南生しらす豆知識

2014年04月25日


ゴールデンウイークの「湘南・鎌倉グルメ」といえば湘南シラス。禁漁明けの3月は天候不順など不漁が続いたものの、4月に入りここ数年来の大豊漁!
というわけで、生しらすを中心に、湘南シラスの基礎知識を紹介します♪

2014年4月は豊漁の湘南生しらすの勘浜水産生しらす

【そもそもシラスとは】
2014年4月は豊漁の湘南生しらすの勘浜水産生しらすと釜揚げしらす

■イワシやアユの赤ちゃん
基本的には、イワシ(マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシ)の、産まれて20〜50日の仔魚(しぎょ)の総称。ただし網漁なので、イカナゴ、ウナギ、アナゴ、ニシン、アユなどの仔魚が混じっています。

■「生しらす」と「釜揚げしらす」
水揚げすぐのシラスを水洗いし、生のまま、いわゆる刺身として楽しむのが生しらす。塩茹でし、30分〜数時間天日干ししたのが釜揚げしらす。生しらすは痛みやすいので冷蔵でその日のうち、釜揚げしらすは冷蔵で3〜4日、冷凍で2週間〜1カ月程度の保存が目安。

【湘南シラスが貴重なわけ】
2014年4月は豊漁の湘南生しらすの地引網

■3月からの期間限定
アユの仔魚の乱獲を防ぐため、湘南では毎年1月1日〜3月10日が禁漁期間。解禁日の3月11日〜12月31日(実際には秋頃まで)に漁が行われます。

■シラスを痛めない一艘曳き
シラス漁は、二隻の漁船で網を曳く「二艘曳き」と、一隻で曳く「一艘曳き」があり、湘南では一艘曳きのみ。30分〜1時間ほど網を曳く二艘曳きに比べ、一艘曳きは30秒程度で網を落として5分ほどで上げるため、シラスを痛めずに新鮮なまま水揚げすることができます。

■水揚げすぐで販売
ほとんどの網元が江ノ島周辺や葉山沖を漁場とし、水揚げから加工までを自社一貫作業。「湘南・鎌倉で漁→短時間の曳き網→港に戻ってすぐ加工→販売」という短時間の行程が、プリプリの鮮度をキープしています。

■湘南の宝石「朝どれ生しらす」
生しらすは痛みやすいので、出回るのはその日の朝に揚がった「朝穫れ生しらす」のみ。量が限られているのはもちろん、海が荒れると漁に出られず、その場合はどの店でも生しらすとは出会えません。

【お店で生シラスを楽しむには】
2014年4月は豊漁の湘南生しらすのしらすや腰越 2014年4月は豊漁の湘南生しらすのゆうき食堂逗子

■確実に湘南生しらすを食べるには?
荒天時は市場に出回らず、水揚げが少なければ「売り切れ御免」も多い生しらす。お店選びの際は「生シラスあります」の幟やボードをチェック。ただし、代用的に静岡産の生しらすを出す店や、あってもなくても常に「生しらす」の看板を掲げる紛らわしい店があります。。。席につく前に「湘南の生しらすありますか?」と訪ねるのが賢い方法です。

■新鮮さを楽しむなら「丼」より「小皿」
前述したように、痛みやすい生しらす。新鮮で瑞々しいプリプリ感を楽しむなら、あったかいご飯にのせる「丼」よりも、別皿に添える「小皿」がベスト。お店によっては、「生しらす丼を別皿で」でとオーダーし、刺身で味わってから丼に盛ることもできます。

【自宅で味わう生シラス】
2014年4月は豊漁の湘南生しらすの勘浜水産生しらす 2014年4月は豊漁の湘南生しらすの食べ方

■朝イチ購入
リーズナブルかつ自分流で贅沢に湘南生しらすを堪能するなら、テイクアウトして自宅で楽しむのがベスト。片瀬や腰越を中心に網元の直売所が点在しているので、クーラーバッグ&保冷剤持参で朝イチでゲットしましょう。お店によりますが、水揚げ&加工してすぐの朝8〜9時が販売開始時間。10時頃までに行けば大丈夫でしょう。荒天時は出回らないのはもちろん、休日や漁獲が少ないときは昼前に完売してしまうので注意。

■午前中の「生しらす」はプリプリで甘い
時間ごとに肉質が変化していく生しらす。刺身が数時間寝かせてからマイルドになるように、プリプリ感&甘味を楽しむなら、水揚げから数時間の午前中のうちがベスト。だんだん身のしまりが崩れ始め、ちょっとずつ苦みが出てきます。午後に食べるのなら、釜揚げしらすの方がオススメです。

■湘南生しらす&ビールが美味しい理由
「朝から買いに行ける=休日」→「生しらす販売=海況&天気良好」→「鮮度がいのち=すぐ自宅に戻って堪能」→「より美味しく=ビール」という、昼からビールの方程式が成り立ちます(笑)。まずはショウガやネギを別皿に添えて甘味を楽しみつつ、最後はぶっかけて一気にいきましょう!

【湘南生しらすあるある】
2014年4月は豊漁の湘南生しらすに入っていたアナゴのノレソレ

■「チリモン」ならぬ「生シラモン」
チリメンジャコに混じった小さなエビやタコが人気の「チリモン」。なるべく選り分けしているとは思いますが、生しらすにも上の写真のようなモンスターが入っています。これはアナゴの仔魚。四国ではノレソレと呼ばれる珍味です。

■江ノ島周辺で湘南生しらすが楽しめる有名店
しらすや@腰越
池田丸@腰越
かきや@腰越
江之島亭@江ノ島
しらす問屋とびっちょ@江ノ島
江ノ島小屋@片瀬

■江ノ島周辺で湘南生しらすを直売している有名店
勘浜水産しらす直売所@腰越
浜野水産湘南丸@片瀬

それでは、2014年も素敵な生しらすライフを(笑)♪
この記事へコメントする
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Facebookアカウントでコメントする